学校の行き方:さまざまな学びの場へ行きたい人のために

医学部へ行くために

医学部予備校メデュカバスについて紹介します

医学部予備校「メデュカバス」を紹介をします。メデュカバスは、医歯系予備校の先駆けとなった両国予備校の講師陣が新しく設立した医学部予備校です。 実績のある両国予備校時代から継承されたシステムとノウハウが自慢です。 そのシステムの中でも一際目を引くのが「Input-Output方式」です。 これは生徒がわからない問題を講師に教えてもらい、それを今度は生徒が別の生徒に教えることで、理解度を測るというものです。 普通はアウトプットといってもテスト形式で理解度を測りがちなのですが、より本質的な理解度を確かめるためには、簡単なことばで他者に説明できるか否かを確認するのがより確実です。画期的かつ、非常に合理的なシステムといえるでしょう。

健康管理体制の徹底が生徒を合格へと導く

日々の健康的な生活のためには、規則正しい食生活が欠かせません。不規則な食生活をしている人は、記憶力の定着にも影響があるのです。医学部予備校にとってもそれは他人ごとではありません。受験生に一番大切なのは、勉強もそうですが、しっかりとした自己管理なのです。 その点が個人で受験に挑むことの難しさではないでしょうか。 入院するとわかりますが、健康的な食事と、規則正しい生活が、その人の精神状態や健康状態に及ぼす影響は、当人が想像しているよりも遥かに大きいものなのです。 つい食べ過ぎてしまったり、つい夜更かししてしまったり、長続きしなかったり、普通はそういうものではないでしょうか。その点メデュカバスの食事管理体制は徹底していて、生徒が食事をとる時間を厳守し、学力以外の面でもサポートしています。言われてみれば、医者になるのに不健康な生活を要求するわけにもいきません。そういう意味でもメデュカバスは真の医学部予備校といっても過言ではないでしょう。